1.メタルフリー治療について

故、今メタルフリー
治療なのか?

日本国内での歯科治療はこれまで、メタルクラウンや、メタルコアをはじめとする、通称 「銀歯」と呼ばれる治療が一般的でした。結果、日本人の銀歯の保有率は20~60代で7割 を超えており、特に40代は男性76.6%、女性82.9%という結果が出ています。スリーエム ヘルスケア社の調査によると、実は、銀歯がお口の中に入っているのは先進国の中で唯一 、日本だけと言われており、国内では今、社会問題になっております。

一つ目の原因

銀歯で使用される歯科用アマルガムの主成分の50%は水 銀である事です。その他にも、亜鉛、パラジウム、ニッケル、クロムなど銀合金など、どれもが人体に有害と言われる金属ばかりがお口の中に入っているのです。銀歯は年数が経過すると錆びたり、劣化したり、イオン化・溶出して体内に取り込まれたり、長期間お口の中にあることで、それらの金属は体内に蓄積し、金属アレルギーを引き起こすため、アメリカやヨーロッパなどの先進諸国では使用禁止されている材料ばかりかも。

二つ目の原因

メタルクラウンやメタルコアなど、いわゆる銀歯の一般的な治療は、保険診療で進められておりました。ゆえに、ほとんどのドクターは、人体に 害があると分かっていても、厚労省に文句は言えない実態がありました。そして、未だに保険診療による、銀歯治療が行われている実態があります。クラマス歯科では、これを歯科の盲点と呼んでおります。

ラマス歯科のメタルフリー治療

クラマス歯科では10年以上も前から、保険診療では対応出来ない、メタルフリー治療を推奨してまいりました。理由は、銀歯等に使用される歯科用金属が人体に有害だからです。クラマス歯科のメタルフリー治療は、ジルコニアのオールセラミック治療とコンフォートと呼ばれるシリコンで出来たノンクラプスデンチャーなどの治療方法があります。また、被せものがセラミックでも、土台の部分が金属だったりすると、金属が解けて、歯茎が黒ずんだりする、メタルタトゥという問題があるため、クラマス歯科では、土台の部分もメタルを利用せず、ファイバーコアを採用している、完全メタルフリー治療を推奨しております。なので、他の歯科医院で利用される、金属を使ったセラミックやプラスチック は使用しておりません。

※上の左側の写真はメタルタトゥー(金属の入れ墨)による影響です。
※右側の写真はシリコンを使用したコンフォートの入れ歯です。

ラマス歯科のメタルフリー治療の特徴

1. 当院のメタルフリー治療の特徴
当院では、皮膚科で行われるバッチデストをするのではなく、オリゴスキャンとオーラルテクターという設備を使った、金属アレルギーの検査・診断を行っております。
オリゴスキャンは、手に平に4箇所、光をあてただけで、体内に存在する有害重金属14元素と必須うミネラル+参考ミネラルの20元素の値を精密に測定していきます。

オーラルテクター歯の電流、電圧を測定できる器械です。この電流と電圧の表示が基準値以上だと、自律神経が損傷を受けて、不定愁訴が生じると言われています。

2. 当院のメタルフリー治療の特徴
当院では、プロの歯科技工士が常駐し、直接、患者様とカンセリングをし、違和感の少ない、フルオーダーメイドの義歯を製作しているため、噛み合わせや歯の形はもちろん、審美性にも優れた義歯を提供しております。

2.FAQ

3.VOICE

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の治療例 60代女性

倉増先生 皆さん
3ヶ月間大変お世話になりました。本当に感謝しています!!…
続きはこちら

私はもともと花粉、ハウスダスト、金属のアレルギー体質で、病院にかかることも多く、
1年ほど前から繰り返し起きる手足の湿疹とかゆみは、いっこうに治る気配がなく原因も分からずにいました。…
続きはこちら

4.お問い合わせ

お問い合わせはこちら